【バスボール】手作りの楽しさ!DIYの方法とアイデア紹介

簡単な手作りバスボールの基本ステップ

材料は全て100均で揃えられるもの

それでは材料から紹介していきます。

材料(1個/50g)

  • 重曹:大さじ2
  • クエン酸大さじ1
  • 小さじ1/2
  • ビニール袋:3~5号くらい。パウチ付きが扱いやすい。
  • 少量→スプレーボトルで使用します
  • アロマオイル:好みのもの。精油でも可
  • 食紅:好きな色で良い

バスボールの作り方

粉材料を混ぜ合わせる

まずは重曹とクエン酸を混ぜます。比率は重曹とクエン酸が2:1なのでわかりやすいかと思います。

混ぜる際には、パウチ付きのビニール袋をコップなどに入れましょう。全体的に混ぜたら次のステップへ。

香りと色付けをする

次にアロマオイルを3滴程度入れて香り付けをします。精油でもよいです。

この時点で作成した袋は、複数用意しておいて色付けを分ければ子供も色遊びができます。簡単に青、赤、黄色の三原色がわかりやすいのでおすすめ。

3色の食紅をそれぞれのビニール袋に3滴程度入れて混ぜます。色味は1滴→混ぜる→確認の工程を踏みましょう。

スプレーボトルで加水する

粉に香りと色付けができたら整形します。

水を加えることで粉を固めることができます。しかし、加水し過ぎると炭酸水素Na(重曹)が発泡してしまうため、少量ずつ加水する必要があります。

水を入れたスプレーボトルをビニール袋全体にプッシュし、袋を揉み込んで固めます。目安として3~6プッシュで「握ったら固まる」くらいです。

ラップで包んで一晩寝かせたら完成

揉み込んで固められるくらい加水したら、袋の中身をラップを出します。

おにぎりを作る要領でラップに包みながら固めます。崩れないようにまとめたら室温で一晩ほど保存します。

室温や湿度によりますが、一晩くらいが目安。カチカチに固まるので、バスボールの完成です。

バスボールを手作りすれば知育になる

粘土やスライムなど手遊びができる

粘土やスライムなどの形を整形したりするおもちゃは、しっかり監修していれば1歳からも可能です。我が家のちびっ子達は姉弟なため口に入れたりしない様子から4歳と2歳で粘土遊びを始めました。

手を動かして何かを作ったりする粘土遊びは知育の代表格のようなもの。特に、指を多く動かしたり、力の入れ方やどのような角度ならくっ付いたり独立したりするのかを学べるため子供の脳の発達に大きく影響することが知られています。

色の法則や変化を学べる

バスボール作りのメインテーマは色遊びです。「青と黄色を足したら何色になるのかな?」といった疑問を子供達が自分で発見するのは知育おもちゃの中で最も大きな狙いとなります。

手作りバスボールの関連リンク

バスボールの注意点

バスボールは何歳から使って良い?入浴の注意点とよくある質問

既製品バスボールの見分け方

【2023年最新版】バスボールの見分け方|11桁シリアルコード対応

知育おもちゃ

おもちゃのサブスクとは?おすすめサービスと特徴比較

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です